代表理事挨拶

会社の想いをカタチに。一般社団法人ブランド・バリュー協会 代表理事 大谷佳弘

ブランドづくりは会社づくり

私の経営するデザイン会社(株式会社ヒナタデザイン)でコーポレートサイトのウェブデザインを行う際に、完成したデザインに対してこれで本当によかったのか自問することがありました。

もちろん、きちんとサイト制作の目的やコンセプトを定義し、クライアントと共にデザインテイストを作り上げてきたのですが、恐らく何かが足りないのです。

ご存知の通り、ウェブデザインはマーケティングまたは販売促進活動の一環です。コーポレートサイトは企業のステークホルダーとのインタフェースとなるものです。そこに、企業のビジョンや経営戦略と繋がりが見受けられないと、表面的なグラフィックとしてのデザインばかりに捉われてしまいます。

「会社の想いをカタチに」するためには、ストーリー作りが重要です。そのためには、企業のビジョンや経営戦略と連動するブランディングが必要になってきます。「自分たちは何者で、いったい誰に、何ができるのか」を主観と客観のバランスでとりまとめ、社内外に明示する必要があるはずです。

  • ブランドとは、経営者の信条、会社の経営理念という基盤の上に立つものです。
  • ブランドとは、経営の根幹である「経営戦略」と密接に関わっています。
  • ブランドとは、「マーケティング活動」とも密接に関わり、マーケティングの効率性を高めます。
  • ブランドとは、従業員の行動範囲の元になり、好ましい企業文化を創造するものです。

このようにブランドとは、企業の活動のすべてに一つの「軸」を通すものなのです。そして、その「軸」をきちんとわかりやすいストーリーとして伝えることが重要ですし、わかりやすいストーリーはきっと周囲にも話したくなるはずです。

ストーリーがきちんと伝われば、従業員や家族にも理解を得られ、顧客はもちろん、取引先やパートナーからも協力を得られ、結果的に「組織力が向上」して売上を含めた好循環を生み出します。

経営に特効薬はありません。他社の成功事例が必ずしも自社に当てはまるとは限りません。定型的な分析手法が自社に利益をもたらすかはわかりません。それよりも、会社の想いを明確にし、その想いを企業ブランドとして共有することで、統一された意思と自信が自走する集団となり、更には独自の製品サービスを生み出し、会社を着実に成長させていく基盤になっていくはずです。つまり、ブランドづくりは会社づくりなのではないでしょうか。

是非、ご一緒に紐解きながら「会社の想いをカタチに」していきましょう!