ブランド価値を浸透させる

「ブランド発見プロジェクト」で導き出したブランド・アイデンティティをホームページ、チラシ、店頭飾り付け等によるプロモーションやマーケティング活動を通じて、その価値を必要とする顧客との接点をつくります。その際に特に重要となるのが「デザイン」の力です。「デザイン」には、そのブランド価値の本質を一瞬で届ける力がみなぎっているのです。求めていた価値を受け取った顧客は、満足・感動しファンとなり、さらには口コミを起こします。

また、ブランド・バリューの浸透はお客様や取引先だけを対象とした「外向き」の方向だけでなく、社内に向けての「内向き」の方向にも必要です。なぜなら、お客様にブランドを浸透させる大きな役割を担うのが社員だからです。社員が自社のブランドに誇りを持ち、ブランドにふさわしい行動をとっていなければ、顧客にブランドの価値は浸透しないのです。対社内向けのブランド浸透(インナー・ブランディング)を社内の組織づくり(チームビルディング)の一環ととらえて、継続的にかつ社員が自発的に行える仕組みづくりが必要です。この2つの方向へのブランド・バリューの浸透をバランスを取りながら高めていくのが、経営者の大きな役割の一つです。